Japanese | English

宮下歯科医院

About 宮下裕志

宮下裕志
歯内療法 歯周病専門医



宮下裕志



1960年(昭和35年)生
1986年 九州歯科大学 卒業
1986年 歯科医となる
1988年 予防の世界的権威
アクセルソン教授に出会う
1988年 岡本浩 歯周病コース受講
1989年 藤本研修会 補綴咬合1年コース受講
1990年 スウェーデンイエテボリ大学
歯周病科サマーセミナーに参加
1993年 スウェーデン王立イエテボリ大学院
歯周病学教室
1995年 同大学院 診断学教室
歯内療法教室 留学
1996年 スウェーデン王立イエテボリ大学院
公認歯周病専門医
1996年 スウェーデン王立イエテボリ大学院
公認歯内療法専門医

1997年 帰国
1999年 コクランオーラル
レビューアーグループ
1999年~2008年 藤本研修会
        歯内療法学コース講師
2001年~ 南青山に開業
2002年 Swedish Postgraduate Dental
Academy (SPDA) Head of SPDA
Japan, Academic Vice Chancellor
2005年 EPSDC研修会
Stage Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 主宰講師
2007年 International Balint Federation
2011年 医療法人社団EPSDC設立
現在に至る

所属学会等

 ・日本歯内療法学会 会員
 ・日本口腔顔面痛学会  会員
 ・AAOP
   (American Academy of
   Orofacial Pain)
   米国口腔顔面疼痛学会 会員
 ・AAE
   (American Academy of
   Endodontist)
   米国歯内療法専門医会 会員

PAGETOP

ご挨拶

できるだけ患者さんが安心できる歯科医院を目指しています。

ゆっくり時間をかけてお話をお聞きいたします。
あなたに適切な情報をわかりやすく提供いたします。

あなたの希望を伺い、
できる限り信頼できる結果が示されている治療方法を提供いたします。

(すなわち、信頼できる結果が示されていないもの、
あるいは世界では推奨されていない治療方法。
たとえば 3Mix 3DS 歯周組織再生療法 レーザー治療、
ヒール オゾン 等は行いません。
もう少し、確実に良い治療方法を選択できるからです。)

あなたの口腔内が健康であることをいつも願い支援いたします。

すなわち
生涯にわたって口腔健康を望まれる方のみ診察いたします。
歯を大切にされる方のみ診察いたします。

インプラントも1つの治療オプションなのですが、実際は多くの問題が
後々起こってきます。可能ならばご自身の歯を保存されたほうが良いです。

すべての診査・診断・治療のステップをマイクロスコープ(顕微鏡)下で行ないますので
1回あたりの予約時間は長くなります。


過去に行った講演会・啓蒙活動

2000年以前に私がおこなった講演会は省略いたしました。

2000. 1 .10 月星勉強会 愛知
2000. 3 .19 九州歯科大学同窓会 舞浜
2000. 7 .28 Statistics 東京
2000. 8 .27 Scandinavian Society of Endodotology 講演 Finland
2000. 9 .28 千葉県保険医協会
2000.10.05 岡崎市歯科医師会 愛知 エンドぺリオ基礎編
2000.10.15 無名塾 蒲田 東京
2000.12.07 岡崎市歯科医師会 愛知 エンドぺリオ臨床編
2001. 1 .14 アメリカンクラブ 東京
2001. 3 .17 Dr. Hujoel 講演 通訳および解説 国立感染研究所 東京
2001. 3 .18 ヘルスケア学会 東京
2001. 6 .30 Prof. Bergenholtz講演 通訳および解説 津田ホール 東京
2001. 9 .15 九州歯科大学同窓会 大阪
2001.11.15 鶴見大学保存科 神奈川
2001.11.16 東京医科歯科大学衛生士学校 東京
2001.11.18 東京医科歯科大学同窓会 東京
2001.11.25 8th JEA 日本臨床歯内療法学会認定医セミナー 大阪
2001. 1 .13 アメリカンクラブ 東京
2001. 2 .23 第2回 EBD Workshop 鶴見大学 神奈川
2002. 3 .31 藤本研修会OB会講演 東京
2002. 4 . 7 札幌 北海道 マイクロスコープ講演会
2002. 4 .12 Manchester Univ. Postgraduate講義, England
2002. 5 .19 東京 マイクロスコープ講演会
2002. 6 .15 福岡 マイクロスコープ講演会
2002. 6 .30 栃木 マイクロスコープ講演会
2002. 7 . 7 横浜 マイクロスコープ講演会
2002. 7 .21 日本臨床歯内療法学会シンポジウム
2002.10.17 Prof. Trope 講演
2002.10.27 名古屋 マイクロスコープ講演会
2002.11.10 愛知県保険医協会
2002.12. 1 静岡 マイクロスコープ講演会
2003. 1 .12 アメリカンクラブ 東京
2003. 1 .29 Prof. Grondahl/ Reit 講演 通訳および解説 診断学
2003. 3 .28 Prof. Birkhed/ Lingstrom 講演 通訳および解説 う蝕学
2003. 5 .29 Prof.Emilson/ Ortengren 講演 通訳および解説 修復学
2003. 6 .13 PDS講演 中野サンプラザ 東京(歯周病の診断)
2003. 7 .12 岐阜講演(歯周病の診断)
2003. 7 .13 岐阜県歯科保険医協会(歯内療法を成功させるには)
2003. 8 .28 Dahlen/Magnusson 講演 通訳および解説 細菌学、病理学
2003.10.26 Abrahamsson/ Fransson 講演 通訳および解説 歯周病学
2003.12.20 九州歯科大学同窓会 千葉 講演
2003.12.21 EBM TOKYO Work Shop 東京医科歯科大学
2004. 1 .11 アメリカンクラブ 東京
2004. 3 .25 Bergenholtz 講演 通訳および解説 歯内療法
2004. 6 .13 顎咬合学会講演 東京国際フォーラム(外科的根管治療)
2004. 6 .27 東京講演 中野サンプラザ(歯内療法と補綴治療の接点、診断、治療計画)
2004. 7 .25 東京講演 中野サンプラザ(歯内療法と補綴治療の接点、治療、予後)
2004.11.20 新潟講演 (歯内療法の治療計画) 地震のため中止になりました!
2005. 1 .10 アメリカンクラブ 東京講演(失活歯の予後と治療方法の選択)
2005. 2 .26 福岡歯科大学講演(根管治療の予後と治療方法 従来型根管治療)
2005. 2 .27 北九州歯科医学会(予後から考える治療方法の選択 外科vs非外科)
2005. 3 .10 東京講演(エンドぺリオの関連性)
2005. 4 .17 インフォームドコンセントWorkshop
2005. 6 .12 九州歯科学会 (歯内療法におけるエビデンス)
2005. 7 .30 日本歯内療法学会 口演(再根管治療の予後)
2005. 7 .31 日本歯内療法学会(予後を考える)モデレーター
2005. 8.22-8.25 エンドセミナーinスウェーデン イエテボリ大学 通訳
2005.10. 9 岐阜県保険医協会講演(目の前の患者さんから始まる歯科医療) with 歯科衛生士
2005.10.20 東京上野講演(再根管治療の予後から考える歯内療法)
2005.10.28 東京六本木講演(日本におけるEBMの現状)
2005.11. 2 東京町田市歯科医師会講演(根管治療の診断と予後)
2005.11.13 名古屋講演(失活歯の予後と歯内療法からみた歯牙保存の限界)
2005.12. 4 レトワール講演(EPSDCの目指す歯科医療、患者さん中心の歯科医療)
2005.12.10 愛媛県講演(歯内療法における)
2006. 1 . 8 アメリカンクラブ講演(抜歯を考える、歯内療法からみた歯牙保存の限界)
2006. 1 .22 茨城県歯科医師会水戸市講演(歯内療法における診断)
2006. 1 .29 Bergenholtz 講演(SPDAオープンセミナー)モデレーター
2006. 2 . 4 中原区講演(歯内療法におけるエビデンス、再根管治療の予後)
2006. 3 . 3 川崎講演(歯内療法における診断)
2006. 5 . 7 藤本研修会OB会(失活歯の予後)東京
2006. 7 .20 東京都保険医協会(根管治療の予後)東京
2006. 8 . 6 九州歯科大学同窓会80周年記念講演(歯内療法における診断)宮崎
2006. 9 .16 中原区講演(痛みの特徴と診断)
2006.10.21 長岡市歯科学会(疾患の診断、治療の診断、痛みの診断)
2007. 2 .21 荏原歯科医師会講演(歯科臨床における姿勢と診断)
2007. 5 .13 インプラントセミナー(口腔内の管理について)群馬
2007. 5 .27 日本歯内療法学会シンポジウム(無菌治療について)広島
2007. 6 .16 九州歯科大学同窓会講演(口腔健康の維持をいかにして得るか)東京
2007. 7 九州歯科大学講演 (全人的包括臨床と主訴の聞き方)北九州
2007.11 東京講演 (全人的包括臨床と診断)
2008. 2 .17 秩父講演(全人的包括臨床と診断のプロセス)
2008. 3 臨床20年の支えとなったものと私の過ち(藤本研修会OB会)
2008. 3 .29 藤本研修会OB会
2008.10. 5 赤坂タカラベルモント講演 歯科医療のピラミッド
2008.10.19 名古屋講演 歯科医療のピラミッド
2009. 4 . 5 赤坂タカラベルモント講演 歯科医療のピラミッド及びEPSDCコース説明会
2010. 3 .21 東京講演 EPSDC 1dayセミナー
2010.12. 5 赤坂タカラベルモント講演 理想的な歯科臨床とは
2012. 1 . 7 米国歯科大学院同窓会 根管治療のEBM
2012. 4 . 1 青山ホテルフロラシオン講演 Dr宮下×Dr西山 口腔内外診断 「慢性の痛み」新たなる発想
2012. 6 .17 日本歯内療法学会 口演(再根管治療の予後)
2012. 7 .14 日大補綴科同門会 歯科におけるEBMについて
2012.10. 7 青山ホテルフロラシオン講演 Dr.宮下裕志 x Dr.石井宏「世界基準の歯内療法」北欧/米国
              歯内療法専門医ジョイント講演
  2013年以降の予定
2013. 1 .13 米国歯科大学院同窓会 講演モデレーター
2013. 4 . 7 シロナデンタルシステムズ講演
  Dr.宮下裕志 x Dr.冨岡栄二のスカンジナビアンペリオ『今こそペリオ再考!』
2013. 5 IFEA 日本講演
2013. 7 .14 兵庫講演 兵庫県保険医協会講演会
2013.10 . 6  東京公演 Dr.宮下裕志 x Dr.石井宏「世界基準の歯内療法」北欧/米国
     歯内療法専門医ジョイント講演第2弾!
 その他スケジュール、講演詳細は、EPSDC Facebookで更新致します。
*講演依頼、お問い合わせは、問合せフォームまたは、epsdc8f@gmail.com まで。

PAGETOP

私の書いた投稿文・文献

エンドペリオ病変の相互関係 Quintessence 1998年12月
歯周病治療における歯内療法の重要性 Quintessence 1999年 別冊 8月
第10回国際歯牙外傷学会報告 Quintessence 1999年9月
Textbook of clinical periodontology and implant dentistry (1998) Lindhe et al. 基礎編
翻訳 Quintessence 1999年9月
Textbook of clinical periodontology and implant dentistry (1998) Lindhe et al. 臨床編
翻訳 Quintessence 1999年11月
歯周病治療のevidenceを求めて 歯界展望 1999年12月
歯内療法の歴史からみた診断治療における原則(診査診断)Quintessence 2000年9月
歯内療法の歴史からみた診断治療における原則(治療) Quintessence 2000年10月
臨床における歯内療法のポイント(既往歴)Go 大阪府歯科保険医新聞 2000年7月
臨床における歯内療法のポイント(生活歯髄検査) 大阪府歯科保険医新聞 2000年8月
臨床における歯内療法のポイント(レントゲン検査) 大阪府歯科保険医新聞 2000年9月
臨床における歯内療法のポイント(治療) 大阪府歯科保険医新聞 2000年10月
臨床における歯内療法のポイント(根管充填) 大阪府歯科保険医新聞 2000年11月
科学に基づく歯内療法への方向転換(疫学調査から得られるもの)歯界展望 2000年7月
科学に基づく歯内療法への方向転換(歯髄病変根尖病変における病因論)歯界展望 2000年8月
科学に基づく歯内療法への方向転換(生活歯髄検査)歯界展望 2000年9月
科学に基づく歯内療法への方向転換(直接歯髄覆罩)歯界展望 2000年10月
科学に基づく歯内療法への方向転換(抜髄後の疼痛)歯界展望 2000年11月
科学に基づく歯内療法への方向転換(感染根管処置)歯界展望 2000年12月
科学に基づく歯内療法への方向転換(感染根管処置2)歯界展望 2001年1月
科学に基づく歯内療法への方向転換(根管充填)歯界展望 2001年2月
科学に基づく歯内療法への方向転換(根管治療の予後)歯界展望 2001年3月
科学に基づく歯内療法への方向転換(根管治療の予後2)歯界展望 2001年4月
科学に基づく歯内療法への方向転換(根管治療の予後3)歯界展望 2001年5月
科学に基づく歯内療法への方向転換(根管治療の計画)歯界展望 2001年6月
歯内療法におけるマイクロスコープの応用 日本歯科評論 2001年9月
歯周病と冠状動脈心疾患における問題整理 歯界展望 2001年11月Go
EBMよもやま話 日本歯科評論 2002年5月
EBMよもやま話 日本歯科評論 2002年6月
修復治療におけるラバーダムの利用 デンタルダイヤモンド 2002年 秋季増刊号
科学に裏付けられた根管治療への第一歩(座談会) 歯界展望 2002年11月
根管治療に関するNarrative Review (無菌化の問題を中心に) 歯界展望 2002年11月
診断学教室とEBM 歯界展望 2003年 1月
根尖性歯周炎の診断と治療計画 歯科評論 2003年
The検証 マイクロスコープの有効性 デンタルフロンティア 2003年 夏
YEARBOOK 2003 エンドペリオに対する治療指針 2003年11月
歯科臨床における臨床判断 歯界展望2003年11月
EBMの二次情報 歯科衛生士別冊 2004年 Go!
YEARBOOK 2004 エンドペリオに対する治療指針 2004年9月
臨床医のためのカリエスリスク 歯界展望2004年10月
最大限の効果を生む歯周病治療 歯科衛生士2004年11月
Textbook of clinical periodontology and implant dentistry (2005) Lindhe et al. 基礎編
翻訳 Quintessence 2005年1月
歯周病と循環器疾患の関連性 2005年 7月 厚生労働省・8020財団 Go!
MI時代の臨床判断 2005年 クイントエッセンス Go!
診断におけるマイクロスコープの利用  2005年 クイントエッセンス
感染の除去 2005年 クイントエッセンス
根管内異物の除去 2005年 クイントエッセンス
歯根破折 2005年 クイントエッセンス
フルアーチブリッジの支台歯の感染根管治療  2005年 クイントエッセンス Go!
YEARBOOK 2005 エンドペリオに対する治療指針 2005年 クイントエッセンス
歯周病と糖尿病の関連性  2006年 厚生労働省・8020財団 Go!
専門医による歯内療法における術前診断2006年 クイントエッセンス
専門医による歯内療法における疾患の診断2006年 クイントエッセンス

国際文献

Miyashita,H. Bergenholtz,G. Grondahl,K. Wennstrom,J. (1998)
Impact of Endodontic Conditions on Marginal Bone Loss.
Journal of Periodontology. 69:158-164. Go!
Miyashita, H
Managing severe periodontal disease patients displaying deep angular
bony defects: Periodontal surgery with or without use of Emdogain?
Evidence Based Dentistry Book (2002) Go!
Miyashita, H., Quathrow, A,, Worthington, H. (2003)
Protocol of Systematic review of Dental pulp capping procedure.
Miyashita, H.
How to find related literature in PubMed (2006)
Miyashita, H
Study design and evidence levels (2006)
H Miyashita, HV Worthington, A Qualtrough, A Plasschaert
Pulp management for caries in adults: maintaining pulp vitality
Cochrane Review 2008 vol.1
http://www.mrw.interscience.wiley.com/cochrane/clsysrev/articles/CD004484/frame.html

国際学会

1997年 European Society of Endodontology, SWEDEN

学会発表(Oral Presentation)

1998年 Scandinavian Society of Endodontology, Ebeltoft, DENMARK
1999年 International Association of Dental Traumatology, Melborne, AUSTRALIA
2000年 Scandinavian Society of Endodontology, Haikko, FINNLAND

学会講演(Lecturer)

2001年 European Society of Endodontology, Munich, GERMANY
2001年 9th Cochrane Colloquim, Lyon, FRANCE
2002年 Scandinavian Society of Endodontology, Stockholm, SWEDEN
2002年 Evidence Based Dentistry Workshop in UK
2002年 10th Cochrane Colloquim, Stavanger, NORWAY
2003年 IADR Goteborg, SWEDEN
2003年 European Society of Endodontology, Athens, GREECE
2004年 Scandinavian Society of Endodontology, Bergen,NORWAY
2005年 European Society of Endodontology, Dublin, IRELAND
2007年 European Society of Endodontology, Istanbul, Turky

国際協力研究

Systematic review of Dental pulp capping procedure.
Cochrane Collaboration Oral Health Reviewer Group
Collaborate work with Dr. Aliason Quathrow, Manchester, ENGLAND
Visual Endodontics
Video CD
Collaborate work with Prof. Markus Haapasalo, Oslo, NORWAY